大阪府堺市南区泉北ニュータウンで中古マンション、土地、一戸建等、不動産の売買なら泉北総合ホーム

泉北総合ホーム

営業時間9:30~19:00

定休日*毎週火曜日・毎週水曜日*

最終更新日:2022年12月02日13時10分(物件情報の更新)

お問い合わせ

ブログ

泉北ニュータウンスーパーマーケット事情

代表の出村です。

 

いつもの様に肩の凝らないお話です。

 

泉北ニュータウンには、基本的に一つの町に一つの、近隣センター
という、その町に根付いた少し小ぶりな商業施設がございます。

社休日には、私がにわか主婦に変身します。

なので、泉北ニュータウン内のほぼ、すべての近隣センター内にある、
スーパー・マーケットを把握しているつもりです。
そこで、本日は私の独断と、偏見でそれぞれのお店の評価をしてみたい
と思います。

 

あくまでも、私が感じたものをベースに評価していますので、皆様の
感じ方と違っていたとしても、ご容赦くださいね。(笑)

 

一番良く行く光明池のサンプラザさんからです。


3,000円もする、桃の缶詰が置いています!
一体、3,000円も出して買う人がいるのでしょうか?
岸和田包近産のもぎたての桃のほうが、美味しく思いますが・・・
しかしながら、ここは野菜の少量パックが豊富なので、我が家では
重宝しています。
ピーマン、1個から売っています。

 

今は無き、桃山台のQAさん。


お惣菜が昔ながらの味付けで、goodでした。
特に魚の煮つけが好きでした。
鮮魚の品揃えも豊富です。めぬけと言う珍しい魚がありました。
お弁当も自家製で美味しいです。
このお店のお肉売り場では、100g2,000円位の商品を置いていました。
消費期限が近付くと、20%OFFとか30%OFFになったりします。
定価で購入するのが、もったいない様な気が・・・
まあ、30%OFFになったところで私には買えませんが・・・

 

城山台のライフさん。


ここも、プレミアム・シリーズのお惣菜がgoodです!
城山台に住んでいた時は、もう一つ、だったような気がしたんですが。
間違いなく、グレード・アップしています!
ポテト・サラダがおすすめですよ。

 

今は無き、御池台のフローリーさん。


泉北の近隣センターでは、ここが一番、活気があったと思います。
お刺身の品揃えと、鮮度が良かったと思います。

 

建て替えられた槇塚台の近商ストアーさん。


野菜類の品揃えが豊富です。
鮮度もいいと思います。

 

晴美台のマックスバリューさん。


果物の種類が豊富です。
あと、レトルトの種類も多いと思います。
高島屋さんでしか置いていないような商品も、取り揃えています。

 

私の住居地の新檜尾台のサンエーさんです。

 

居住地なので、よく買い物に行きます。
わたし的には可もなく、不可も無く?なんですが、夕方6時以降に

なると、鮮魚やお惣菜が良く売り切れていています。

 

コムボックス光明池の松源さん。

 

お刺身とか野菜の品ぞろえが豊富です。

そしてなぜか、レジ袋は無料です。

お肉なども、種類が豊富です。

 

深阪南のスーパーサボイさん。

 

ここのイチ押しは何といっても鮮魚にお刺身の書類の豊富さもさる事

ながら、値段の安さです。

夕方5時前後になると、これらの鮮魚商品が軒並み、ディスカウント

されて、お買い得感もあります。

 

最後に竹城台に2店舗のコノミヤさんです。


お惣菜の焼き鳥とかお惣菜を良く、購入しています。
仕事帰りに私もよく、利用させて頂くのですが、消費期限の商品の
ディスカウント率が良くて、コスパが高いと思います。

 

私的には、総合的判断で今は無き、桃山台のQAさんに1票を投じます!
と、まあ、勝手にコメントさせていただきました。

皆様のおすすめのスーパーは、どのお店ですか?

だだ、泉北ニュータウンの人口減少や、高齢化で各所の近隣センターの

核となっていたスーパーも経営が成り立たないのか、どんどん撤退して

いる状況です。

やはり、地域住民が下支えしていかないと、結局は自分たちの暮らす街の

利便性がどんどん、失われていくのでしょうね。

 

さあ、今度の社休日の晩御飯は何を作りましょうか。
私の忙しい休日がスタートします。

 

***

検索やTwitterからお越し下さった方へご案内です。

弊社は、堺市南区の不動産屋さん『泉北総合ホーム』で御座います。

堺市中区、堺市南区、泉北ニュータウンを中心に

南大阪全般の不動産(中古マンション、戸建て、土地等)を取り扱っております。

どんな不動産の物件探しも、泉北総合ホームへお気軽にご相談ください。

TOPページは、こちらで御座います。

泉北総合ホームのTOPページ

コメントを残す